保育園にはいろんな種類がある

子供好きであれば憧れる方が多い保育士ですが、主な職場は保育園です。一口に保育園と言っても、認可保育園と無認可保育園に分かれています。これらにはどのような特徴があるのか、ピックアップしてみました。

認可保育園と無認可保育園の違い

認可保育園

国や地方自治体から許認可を受けた保育園のことを指します。なお、この認可保育園は、公立保育園と私立保育園の二つに分けることができ、もし公立の保育園に保育士として就職すれば、公務員として働くことになります。

無認可保育園

認可保育園とは逆に、国や地方自治体から許認可を受けていない保育園のことを指します。なお、許認可を受けてないからといって、違法というわけではありません。運営者は主に個人や民間の企業です。時間の融通が利きやすい傾向にあるのが、メリットでしょう。

[PR]
東京で保育士の求人に応募!
働きたいところが見つかる★

自身に合った保育士の求人に巡り合う秘訣は職場選びにアリ

先生と子供

資料やサイトで情報をチェック

自身に合った職場をたくさんの求人情報から探し出すためには、情報収集は欠かせません。情報収集の第一歩として、保育園のパンフレットを取り寄せましょう。求職者向けではなく、保護者向けにパンフレットが作成されている場合が多いですが、それでも保育に対する方針や、イベント活動の状況などの情報を得ることができます。パンフレットがない場合は、保育園のサイトをチェックしてください。サイトからでも保育に対する方針や行事の活動状況などを確認することができるはずです。

女性

園内見学をしよう

パンフレットやサイト上の情報だけでは、職場がどのような雰囲気であるのか判断することができません。良い職場であるか見極めるためにも、園内の見学をお願いしてみましょう。園内見学をすれば、子供達が笑顔で楽しく過ごすことができているか、保育士や園長先生がどのような人柄なのかチェックすることができます。

男性

可能であれば実習に参加しよう

保育園によっては、実習をしてもらえるところもあります。本当にこの職場で働いていけるのか判断できるまたとないチャンスです。実習参加が可能であれば、必ず参加しましょう。理想と現実のギャップを埋めることができますし、子供達や保護者、及びその職場で働いている保育士や園長先生に顔を覚えてもらうことができます。就職活動するにあたり、顔を覚えてもらうことはとても有利になるのです。

複数の保育園を比較するのが大事

東京には実に様々な求人があります。自身に合いそうな職場を見つけたとしても、もう少し時間をかけて探せば、より良い求人に巡り会えるかもしれません。色んな保育園を比べてみることで、新しい発見があることだってあるのです。保育士として充実した生活を送るためにも、職場選びはじっくりと検討しましょう。

広告募集中