保育士として活躍できる求人に就職したいなら面接対策は必須
ロゴ

保育士の求人の面接を突破するポイント【対策は入念に】

保育士に要求されるものをアピールできれば有利

保育士として求められているものは必ずあります。要求される人物像は様々ありますが、書類選考や面接の時に保育士として求められるものを上手くアピールすることができれば、試験を突破できる可能性がグッと高くなるでしょう。

保育士として要求されること

  • 体力があること
  • メンタルが強いこと
  • 前向きであること
  • 子供が好きであること

保育士として活躍できる求人に就職したいなら面接対策は必須

男女

身だしなみは清潔に

どの業界でも言えることですが、見た目を清潔にしないと、ダラシない印象を与えてしまい面接を受けても不採用になる可能性が高いです。清潔感を出すために服装はスーツにしましょう。スーツやズボンにシワが出ないように、前もってクリーニングに出しておくか、自身でアイロンがけをしてください。また忘れがちなのが靴です。服装はバッチリなのに、靴が汚れていると台無しですので、きちんと拭いておきましょう。

明るく元気に応えよう

保育士は子供と接するのが仕事です。子供と信頼関係を築くためには、笑顔で接しないといけません。東京には優良な保育園の求人がありますが、笑顔のない人は採用される可能性は低いでしょう。自然な笑顔にするためには、一朝一夕では不可能です。常日頃から笑顔で人と接するようにしてください。また、質疑応答の練習を何度も実施しておくことも大切です。練習が不十分だと、いざ本番の時にボソボソと答えてしまい、暗い印象を与えかねません。周りの人に面接官役をやってもらい、練習するとよいでしょう。

ネガティブな内容は厳禁

人によっては、転職を希望される方もいらっしゃると思います。そんな人に聞かれるのが転職を希望した理由です。「人間関係でトラブルがあったから」「業務がハードだったから」といったような内容では、まず不採用になるでしょう。なぜなら、「この人を採用しても、嫌なことがあればすぐに辞めるかもしれない」という印象を与えることになるからです。転職希望の理由が本当にネガティブな内容だとしても、なるべくポジティブな内容に置き換えましょう。

面接でも聞かれる!履歴書の志望動機の作成の仕方

子供に対してどのような気持ちを持っているか書く

子供が好きだけでは、志望動機としては不十分です。子供に対してどのようなことを教えたいのかなど、詳細なことを伝えるような内容にしましょう。また、保育士を目指すきっかけとなった詳細なエピソードを添えると、より採用担当に伝わりやすくなるでしょう。

学生の時に何らかの実績があれば書くこと

学生の時に、どのような過ごし方をしたのか伝えることも有効です。バレーやバスケットなどのスポーツをしていた経験があれば、体力があることをアピールできますのでとても有利です。もし、スポーツをやっていなかったとしても、ボランティアなど他に何を努力したのか記載するようにしましょう。

文章は自分で考える

インターネットを検索すれば、志望動機の例文がいくつも掲載されています。この例文を丸々パクってはいけません。採用担当は日頃何十人と、応募者の志望動機をチェックしていますので、オリジナルの文章か、それとも誰かの文章をコピーした文章かすぐに分かります。コピーした文章だとバレてしまった時点で大きなマイナスポイントになりますので、時間がかかったとしても、志望動機は自分で考えるようにしましょう。

繰り返し読み返す

作成している間は、良い文章が書けたとしても、作成し終わった後に読み返してみるとそれほどでもないというケースも多々あります。完成度を高めるためにも、一度書き終わったら読み返すくせをつけてください。また第三者にもチェックしてもらえると、客観的な立場の意見をもらうことができるので、より完成度を高めることができるのでオススメです。

広告募集中